メイン画像
HOME > チェルノブイリ原発事故

チェルノブイリ原発事故

ここでは、原子力発電所の問題を考えるうえで避けることができない、「原発事故」に関する解説を行う。代表的な原発事故と言えば、やはりチェルノブイリ原発事故であろう。

まずは、1986年に発生したこの事故の概要を解説したうえで、具体的な被害の一例を紹介する。史上最悪の原発事故とはどんなものであったか、その一端に触れてほしい。

チェルノブイリ原発事故はどんな被害をもたらしたか

1986年4月、旧ソ連ウクライナ共和国のチェルノブイリ原発で史上最悪の事故が発生した。停止作業中だった四号炉の暴走が、爆発事故へと発展。格納容器を突き破った火柱…

予想外に少なかった急性障害死者数

旧ソ連の公式発表では、事故が直接の死因となった者は、原発関係者と消防士も含めて、わずか31人のみとされている。しかし誰もが、この程度で済むはずがないと考えてい…

高汚染域は本州の6割分に相当

極めて高濃度のセシウム137に汚染されたチェルノブイリ周辺は、強制避難も含めた長期にわたる避難が必要となった。事故の翌日である4月27日から翌月の6日にかけて、周…

スウェーデンのガン患者はチェルノブイリの影響か?

国際社会はスウェーデンの報告によって、初めてチェルノブイリ原発事故の発生を知ることとなった。そのスウェーデンは、汚染に関するデータの収集も行っていたのである。

おすすめ