メイン画像
HOME > 低コストで環境にやさしいに異議あり

低コストで環境にやさしいに異議あり

「原発を停止すると、さまざまな悪影響が出る」これは、日ごろよく耳にするフレーズだ。さらには「原始時代の生活に戻るのか?」という極端な話までもが出てくる。さて、これらは本当に“根拠のある理屈”なのだろうか?

このページでは、あたかも「原発は全てを解決する万能の存在である」かのような風潮に対し、あえて疑問を投げかける形で、原発の姿に迫ってみたい。

「原発の停止=電力パニック」は本当に起こるのか?

「電気のおよそ4割が原発で作られているのだから、原発は止められない」。これは原発推進派の常套句であるが、果たして真実なのだろうか?原子力資料情報室が試算した…

代替エネルギーのコストを考える

「原発をやめるとして、代替エネルギーはあるのか?」。これもまた、原発推進派の常套句である。太陽光発電や風力発電といった従来型の自然エネルギーもあるが、いずれ…

原発の稼働で本当にCO2を削減できるのか?

「原発を止めると火力発電所をフル稼働させなければならない。当然“CO2の削減”に悪影響が出る。だから、原発が必要なのだ。」原発の停止や廃止を訴えると、決まって出…

日本は世界にどう貢献するべきか

今の日本が行うべきことは、原発やプルサーマル計画の推進でないことは明白である。では、原子力分野で日本が世界に貢献すべきこととは何だろうか?まずは、プルサーマル…

おすすめ