メイン画像
HOME > もしも東海二炉で事故が発生したら

もしも東海二炉で事故が発生したら

茨城県の東海村は99年のJCO臨界事故によって一躍有名になった。東海村にはさまざまな原子力関連施設が集中しているのだ。ここには、日本原電の原子力発電所・東海二号炉もある。村の真下には太平洋海洋プレートがあるが、果たして事故の危険性はないのだろうか?

ここでは、東海二号炉をはじめとする、日本国内での原発関連事故を想定してみたい。東海村から120kmも離れた東京都だが、決して安心はできないことを理解してほしい。

東海二号炉大事故シミュレーション・急性死の場合

東海村の真下にある太平洋海洋プレートは、大地震の原因になり得ると考えられている。こうした理由と発電規模を考慮し、東海村に立地する日本原電の「東海二号炉」は、日…

東京都の被害状況想定

日本の原発は、大都市から離れた土地に建設されているとは言え、事故が起きた時の主要都市への影響は計り知れない。日本の原発事故における放射能汚染の広がり方や急性障…

核燃料運搬中の車が首都高で事故を起こしたらどうなる?

原発絡みの事故は、発電所の事故だけとは限らない。核燃料輸送中の事故がその一例だ。今後、プルサーマル計画が進むことで、ウランよりもはるかに危険性の高いプルトニウ…

40年以上も隠蔽されていた事故評価報告書

1960年、当時の科学技術庁の委託を受け、電力会社などが加入する原子力産業会議が、「最悪のケースの事故評価」を行い、報告書にまとめた。「大型原子炉の事故の理論的…