メイン画像

副作用の少ないがんの治療法

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック

現在、がんで闘病中の患者さんは日々不安と闘いながら懸命に治療を受けていることでしょう。悪性腫瘍であるがんと闘うためには、やはり患者さんご本人の免疫力を高め、体力や気力を少しでも回復させることが必要と考えられ、そうした観点から今注目されているがんの治療方法が免疫療法です。

免疫療法とはリンパ球を用いた治療方法で、1980年に国内で初めて学会報告されました。免疫療法は全てのがんを克服させるような「夢の治療法」ではありませんが、他の治療法に比べて患者さんに副作用など身体的な負担をほとんどかけることなくがん治療に有効であり、またがんの再発予防効果が立証されています。手術や抗がん剤治療では身体への負担が大き過ぎて困難な患者さんでも、負担の少ない免疫療法を受けることはほぼ可能です。

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニックでは、この免疫療法に力を入れています。腫瘍外科医であり免疫療法担当医として900以上の症例に立ち会ってきた院長自身の臨床経験から、免疫療法は単独または他の治療方法と組み合わせることによって確かな治療効果が期待できると考えています。

がんの治療でお悩みの患者さんや再発予防をお考えの患者さん、ご家族の方々はぜひ、横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニックのホームページをご参考に、ご相談してみてください。